成形が難しい素材の加工を容易にしてくれる離型剤の選び方

添付作業

フッ素コートの特性を生かして成形困難な製品も綺麗に形造れる離型剤

作業員

細いもの、薄いもの、そして複雑に入りくんだ形のもの。ゴムやシリコンで出来た製品で、こうしたタイプのものは、成形が非常に難しい部類に入ります。というのは、金型の材料を流し込むスペースがとても狭かったり小さかったりして、塗布した離型剤の量が多く、ほんのちょっと厚みを増しただけで製品の形が歪になりますし、かといって、極端に少ない量の離型剤を使用したのでは、離型不良で使えない製品になってしまいます。こうした成形の難しい製品にとって理想的なのは、薄くても強力な離型効果を発揮できる離型剤です。この条件にピタリとあてはまるのが、フッ素コート剤の特性を利用した離型剤です。
フッ素コート剤による離型効果は、フッ素樹脂塗膜によって発揮されます。フッ素樹脂で出来た膜は、物質の粘着を妨げる特性が良く知られていますが、この特性は、膜が極薄でも発揮されます。金型のスペースがどれほど細く、あるいは薄くても、フッ素系の離型剤であれば、製品の形に影響がでるほど厚塗りすることなしに、綺麗に離型することが出来ます。更に、金型から成形物を取り出す際に、塗布した離型剤が成形物にほどんと付着しないため、取り出した成形物から付着した離型剤を洗い流す作業が不要であり、余計な手間がかからないというメリットもあります。